Itineraries

1-4Days
model course

1-4日 モデルコース

湿原を抜け、神秘の湖をめぐる旅

タンチョウ釧路空港に到着。釧路の地酒、福司酒造に立ち寄りここでしか手に入らない良質な日本酒をいただく。冬場に多い時で300羽以上のタンチョウが飛来する阿寒国際ツルセンターから阿寒湖へ。アイヌコタンで神秘的な文化と出逢い、翌日は湖の雄大な自然に浸る。第三展望台から眺める世界トップクラスの透明度を誇る摩周湖に、手付かずの自然の荘厳さを感じる。硫黄山の近くにある天然の温泉が湧き出る川湯温泉でゆったりと旅の疲れを癒し、この旅をもう一度思い描く。

1日目

創業1919年、釧路で清酒を造り続ける酒蔵「福司」

創業大正8年、釧路で唯一の酒蔵。代表銘柄“福司(フクツカサ)”の酒名命名の由来は、日本古来の縁起の特徴、福(幸)を司る、福を招く、幸を呼ぶ酒等の願いを込めて命名されたと言われている。原料米は主に北海道産米を、仕込み水は道東の大自然で濾過された伏流水を使用し、この土地だから出来る酒造りを目指し、地元に根付き愛され続ける銘柄であり続けるために、更なる品質の向上に努めている。

2日目

白銀の阿寒湖・早朝散歩ツアー

冬の早朝、氷点下20度にもなる厳しい自然環境。この冷え込みこそが幻想的で美しい自然の造形美を創造する。このツアーでは、阿寒湖湖上の浮島へ向かって氷結した湖上を10分ほど歩き、早朝の散歩が始まる。気温が氷点下20度前後で風もなく晴天ならば、島の畔の散歩の途中で、冬の華・フロストフラワーや、霧氷・ダイヤモンドダストが見られ、雄阿寒岳の朝焼けに染まった幻想の世界を堪能できるだろう。集合は朝6:20、開催期間は1月下旬~3月中旬まで。 夏は船に乗らないと行けない場所に、湖上を歩いて散策しよう。

3日目

日本屈指の泉質を誇るお湯を惜しみなく“源泉かけ流し”

硫黄の香りに包まれた川湯温泉は日本でも珍しい「源泉かけ流し100%宣言」している温泉。ホテルきたふくろうの、木風呂「ふくろうの湯」と岩風呂「万年の湯」は、ホテル自慢の露天風呂だ。昼は静寂な原生林を眺めながら、夜は満点の星空を眺めながらの入浴は、森の癒しと源泉の癒し至福の一時。 源泉温度=49.7℃/PH1.8/日帰り入浴営業時間14:00~18:00(不定休)/入浴料金大人(中学生以上)800円・子供(小学生)400円・幼児無料

Map地図

1-4日
静寂の中に音を感じ、人々の心の温もりにたどりつく
タンチョウ釧路空港に到着。釧路の地酒、福司酒造に立ち寄りここでしか手に入らない良質な日本酒をいただく。冬場に多い時で300羽以上のタンチョウが飛…
ページの上部へ