About Us

Untouched Hokkaido とは

歴史的・地理的に、ユニークな場所である東北海道は、⽇本でありながら北⽶プレートに位置するため、その植⽣はとても珍しい種類で溢れている。この⼟地だからこそ出逢える希少な野⽣⽣物、そして多くの⽣き物が暮らす⽇本の国⽴公園はその⾃然と共⽣する地元の⼈々がずっと昔から『守りぬいてきた⾃然が⼿付かずで残る場所(Untouched Hokkaido)』です。

北米プレートとユーラシアプレートの境界は、約1300万年前の日高山脈の上昇期には北海道の中軸部(太い青線)に位置しており、その頃から北海道の東半分と西半分とが合体したと考えられています。
出典:三笠ジオパークHP(city.mikasa.hokkaido.jp)

コンテンツの紹介

道東エリア旅行におススメのスポットとツアー予約情報、野生生物たちとの出会いをサポートしてくれるネイチャーガイド情報を提供しています。

Dummy Image

観光スポット

スペシャル動画、
『Untouched Hokkaido』のストーリーを深堀りします。是非動画を視聴してみてください。

Dummy Image

ツアー

水のカムイ観光圏のおススメツアーの予約ができます。各地域で特別な時間をお楽しみください。

Dummy Image

ネイチャーガイド

自然の知識だけでなく、歴史、地理などの深い知識をもつネイチャーガイド。皆様をとっておきのスポットに連れて行ってくれます。

ツアー予約だけでなく、釧路・阿寒・弟子屈についての情報収集も
Untouched Hokkaido が便利!

Dummy Image

歴史・文化

水のカムイ観光圏(釧路、阿寒、弟子屈)の歴史とアイヌ文化のご紹介。北海道には沢山のアイヌ文化にまつわる場所がたくさんあります。

Dummy Image

地域の食文化

                       

地元の人から人気のある食べ物やこの土地ならではのユニークな食べ物を紹介しています。見て、知って、食べてみてください。

Dummy Image

モデルコース

水のカムイ観光圏のとっておきの過ごし方を皆様にこっそりお教えします。是非一度覗いてみてください。

私たちのミッション

                   

釧路市(釧路・阿寒)と弟子屈町は、「水のカムイ(神)」を体感できる地域として、官民、産業、地域の枠組みを超えて連携し、観光に訪れる方々がゆっくりと周遊、滞在して、ご満足いただける魅力ある地域づくりに取り組んでいます。この取り組みは、全国に13 ある観光圏の一つとして観光庁に認定されています。水のカムイ観光圏には釧路湿原と阿寒摩周の2つの国立公園がありますが、国立公園は公園計画により保護と利用の両面からの規制と事業(施設)の計画がされています。日本の国立公園の特徴はそこに暮らす人間がいて、その人々によって守られてきたことです。

世界の湖沼の中で唯一、国際機関の環境モニタリングステーションとして登録されている摩周湖、国の特別天然記念物であり、国際的にも有名なタンチョウやマリモ、自然共生思想を今に伝える”アイヌ民族文化”など、このエリアならではの魅力を国内外に発信し、自然共生型の国際滞在観光地づくりを目指しています。ラムサール条約の登録湿地である釧路湿原や阿寒湖は、日本最大の湿原であり、そこに生育・生息する動植物や、湿原の中を蛇行する河川のダイナミックな景観は、他に類を見ないすばらしいものです。しかし近年、湿原周辺での人間活動の影響により、自然環境の急激な変化があらわれ始めています。自然環境の価値に多くの人々が気づき始めた現在、残された自然を大切にしながら、失われた自然を保全、回復、復元、修復、維持管理、創出で少しでも取り戻していくことが求められています。

釧路湿原を保全するために、湿地の再生や森林の回復等を進めています。今後の取り組み内容としては、2015年に今後の計画となる全体構想を作成しております。本構想が提案する自然再生は、過去に損なわれた自然を積極的に取り戻そうとする取り組みです。この自然再生が目指すのはこの地域に本来生息している生きものたちが絶滅することなく生きていける環境、そして私たちの暮らしに豊かな恵みをもたらす「水と緑の大地」を取り戻すことです。

保護活動

タンチョウの保護

環境省では、保護増殖検討会を実施したり、数の調査や給餌などをしたりしております。その他、様々な団体がタンチョウを守っています。
http://hokkaido.env.go.jp/post_8.html

阿寒国際ツルセンター【グルス】(阿寒町観光振興公社)
https://aiccgrus.wixsite.com/aiccgrus

鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリー(日本野鳥の会)
http://park15.wakwak.com/~tancho/

マリモの世界遺産登録活動

釧路市には、1952年3月に特別天然記念物に指定された「阿寒湖のマリモ」が生育しています。世界的にも希少価値の高いマリモが生育する阿寒湖の世界自然遺産登録を目指し、釧路市は地域一丸となって活動しています。
http://www.marimo-web.org/protect_activity.html

世界トップクラスの透明度を誇る摩周湖

世界でいちにを争う透明度を誇るカルデラ湖。摩周湖は汚染の極めて少ない状態を観測するGEMS/Waterベースラインモニタリングステーションに、日本の湖沼で唯一登録されています。
http://db.cger.nies.go.jp/gem/inter/GEMS/mashu/index_j.html

2つの国立公園

水のカムイ観光圏は2つの国立公園がある日本で唯一の地域で、ラムサール条約の登録湿地です。
阿寒摩周国立公園は、阿寒・屈斜路・摩周の3つのカルデラ地形による湖と火山が近接している貴重な地形であり、全国的にも貴重なものです。釧路湿原国立公園は、国の特別天然記念物のタンチョウをはじめ多くの動植物の貴重な生息地であり、広大な水平的景観は魅力的です。
http://www.env.go.jp/park/

運営事務局

釧路湿原エリア

一般社団法人 釧路観光コンベンション協会

一般社団法人 釧路観光コンベンション協会

住  所
北海道釧路市幸町3-3
電話番号
0154-31-1993
メールアドレス
mail@kushiro-kankou.or.jp
URL
http://ja.kushiro-lakeakan.com

阿寒湖エリア

NPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構

NPO法人 阿寒観光協会まちづくり推進機構

住  所
北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉2丁目6-20
電話番号
0154-67-3200
メールアドレス
staff@lake-akan.com
URL
http://ja.kushiro-lakeakan.com

摩周湖エリア

株式会社 ツーリズムてしかが

株式会社 ツーリズムてしかが

住  所
北海道川上郡弟子屈町川湯温泉2丁目3
電話番号
015-483-2101
メールアドレス
e-tabi@tourism-teshikaga.co.jp
URL
https://tourism-teshikaga.co.jp/
摩周湖観光協会

一般社団法人 摩周湖観光協会

住  所
北海道川上郡弟子屈町中央1丁目5番1号 商工会館2F
電話番号
015-482-2200
メールアドレス
masyu_as@peace.ne.jp
URL
http://www.masyuko.or.jp/index.html
ページの上部へ