Explore East Hokkaido

藤戸竹喜、
木彫家としての人生

孤高の木彫家、藤戸竹喜

北海道を代表する孤高の木彫家、藤戸竹喜が去る2018年10月に永眠した。84歳の最期まで、現役で創作を貫き通した人間味溢れる木彫家だった。藤戸の魅力はその作品にあることはもちろんのこと、木を彫り込む荒々しい姿や、人の目をまっすぐに見て話すその表情など、尽きることはなかった。1本の木から形を彫りだしていく制作スタイルに下描は一切無く、彼の頭の中だけにあるイメージをダイレクトに木に刻むその様は、まさに神がかり的だった。

ひとことメモ

84歳の孤高の作家、ここに眠る

自然体。その言葉がしっくりあてはまった藤戸さん。生前、藤戸さんが奥様と話すときの表情や空気感、距離感は、すべてがうらやましいほどに自然で、言葉では言い尽くせないほどだった。お互いを尊敬し合ったからこその素晴らしい生き方。これからは、故人の作品を通してその魅力が語り継がれていくことだろう。

Photo写真

Address住所

〒085-0467
北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉4-7-12

Map地図

ページの上部へ