Explore East Hokkaido

釧路の地酒 
福司酒造

創業1919年、釧路で清酒を造り続ける酒蔵「福司」

創業大正8年、釧路で唯一の酒蔵。代表銘柄“福司(フクツカサ)”の酒名命名の由来は、日本古来の縁起の特徴、福(幸)を司る、福を招く、幸を呼ぶ酒等の願いを込めて命名されたと言われている。原料米は主に北海道産米を、仕込み水は道東の大自然で濾過された伏流水を使用し、この土地だから出来る酒造りを目指し、地元に根付き愛され続ける銘柄であり続けるために、更なる品質の向上に努めている。

ひとことメモ

釧路唯一の酒蔵、地元に愛される味を追い求めて

酒の仕込みは「寒造り」と呼ばれ、一般的には冬から春にかけての時期に集中して行われる。蔵の見学は基本的に受け付けていないが、蔵では蔵出しの売店があり、蔵のみ販売の限定酒や、代表銘柄福司、酒粕などを販売している。試飲も対応してくれるので、是非蔵元を訪ねてみよう。(試飲はドライバー・未成年は不可)

製造部主任 梁瀬一真さん

Photo写真

Videoビデオ

Address住所

〒085-0831
北海道釧路市住吉2丁目13−23
Tel. 0154-41-3100
http://www.fukutsukasa.jp/

Map地図

ページの上部へ