Explore East Hokkaido

釧路川の霧氷(むひょう)

マイナス20度以下の早朝にだけ現れる幻想的な自然現象

霧氷(むひょう)は、川が過冷却され霧粒が立ち上り、風で川流域の木に吹き付けられた刺激で氷となって付着したもの。まるで木に白い花が咲いたように見える幻想的な自然現象だ。 太陽が昇り、気温の上昇とともに木に付着した氷が落ちると、太陽の光に照らされキラキラと空中で宝石のように輝く。その様はまるでダイヤモンドダスト。厳しい冬にだけみられる自然の芸術。

ひとことメモ

釧路川の「けあらし」と「霧氷」は日の出の時間が最高!

釧路湿原を知り尽くしたガイドが、蛇行する釧路川の中で最も美しい「けあらし(冬の霧)」と「霧氷」が見られるポイントを教えてくれる。午前中のウインターカヌー体験で釧路川を下るネイチャーウォッチングでは、気象条件によって美しい「霧氷」が見ることができるだろう。釧路川の両サイドに霧氷のトンネルが出現して、そのトンネルををカヌーで進む体験はここだけ!

マーシュ&リバー 斎藤さん(※霧氷とけあらしを見に行くだけのツアーはなし。カヌー体験の際に見られることはある)

Photo写真

Address住所

〒088-0605
北海道釧路郡釧路町別保原野 釧路川

Map地図

ページの上部へ